竹芝地区は、国家戦略特区に指定されており、その特区制度を活用して、これまでにない実験やビジネスの実現が求められています。これをCiP協議会として主導していきます。

特区構想

国家戦略特区の活用について検討。全国各地の国家戦略特区の実施メニューを調査し、竹芝地区での転用についても検討。

国内連携

京都府の「京都クロスメディア」構想に協力し、人材育成・起業支援・ビジネスマッチング・海外発信等で協働を目指す。京都以外の拠点(札幌、神戸、福岡、沖縄等)との連携も目指す。

国外連携

韓国の「Contents Korea Lab」(コンテンツ振興院運営)と連携し、人材育成・起業支援分野での協働をめざす。また、スペインカタルーニャ州政府文化省とも連携。それら以外の拠点(アメリカ、フランス、シンガポール等)との連携も目指す。

施設検討

2020年竣工予定の建物のCiP協議会の携わるスペースの内装・設備等について検討。

ページトップへもどる