一般社団法人CiP協議会、竹芝オープニングイベントを開催 縁の深い産官学のゲストが集結し、文化放送&ニコ生にて発信

 9月14日、一般社団法人CiP協議会が拠点を置く「東京ポートシティ竹芝」が開業する。それに併せ「CiP協議会竹芝オープニングイベント」を開催。団体の活動と関わりの深い産官学のゲストが集結し、CiP協議会の新たな一歩に立ち会う。本イベントは、ニコニコ公式生放送にて生配信され、週末には文化放送「浜松町Innovation Culture Cafe」内にて特集される。

 東京ポートシティ竹芝は、東京都港区おいて東急不動産株式会社と鹿島建設株式会社が、共同にて推進した事業。東京都「都市再生ステップアップ・プロジェクト」の一つであり、2015年5月には国家戦略特別区域計画の特定事業として内閣総理大臣認定を受け、港区湾岸1丁目の都有地に全体延床面積20万㎡の国際ビジネス拠点創出を目指している。CiP協議会は、この竹芝地区において「コンテンツ×デジタル」をテーマに、コンテンツを核とした国際ビジネスの発展に務めている。2015年の設立以後、コンテンツ産業界のみならず、プラットフォーマー、メディア、IT、大学、自治体、政府と国内外のコミュニティを結ぶハブとしてイノベーションを誘発している。

 これらの一大拠点となる東京ポートシティ竹芝の開業は、CiP協議会としてのみならず、活動を共にする事業者や、関連団体にとって新しい一歩を踏み出す日となる。そこで、自民党デジタル社会推進特別委員長 平井卓也氏(自民党衆議院議員) 、一般社団法人日本eスポーツ連合 代表理事 岡村秀樹氏、特定非営利活動法人映像産業振興機構専務理事 事務局長 市井三衛氏など、CiP協議会のプロジェクトと関わりの深い産官学よりそれぞれゲストをお招きし、CiP協議会の次なる一歩を示す新ヴィジョンの発表と、各プロジェクトの目標発表を約束として行う。

 本イベントは、コロナウイルス感染症蔓延防止の観点より無観客にて行い、ニコニコ公式生放送にて生配信される。(9月21日23時59分迄タイムシフト視聴可能)また9月19日には、CiP協議会と同じく竹芝地区(浜松町)に拠点を置く文化放送のラジオ番組『浜松町Innovation Culture Cafe』より、パーソナリティを務めている入山章栄氏を迎え、本イベントの様子が収録放送される。

 この日ここからはじまるCiP協議会の新しい一歩と、その未来を示すオープニングイベントをお見逃しなく。

○『CiP協議会竹芝オープニングイベント』
・日時:9月14日(月) 11:00〜
・会場:東京ポートシティ竹芝 オフィスタワー8階 CIP
 〒105-7508 東京都港区海岸1ー7ー1
・主催:一般社団法人CiP協議会
・特別協力:株式会社文化放送
・視聴ページ:https://live.nicovideo.jp/watch/lv327737371
・9月21日23時59分迄タイムシフト視聴可能

○『浜松町Innovation Culture Cafe』
・日時:9月19日(土) 土 18:00~18:57
・文化放送 https://joqr.co.jp/hamacafe/
・出演者:入山章栄(早稲田大学ビジネススクール教授)

○ゲスト
・自民党デジタル社会推進特別委員長 平井 卓也氏(自民党衆議院議員)
・一般社団法人日本eスポーツ連合 代表理事 岡村秀樹氏
・特定非営利活動法人映像産業振興機構専務理事 事務局長 市井 三衛氏
・慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科委員長 稲蔭 正彦氏
・株式会社アルベログランデ代表取締役 根津 登志之氏
※今後さらなる追加予定

○MC
・浜松町Innovation Culture Caféパーソナリティ入山章栄(早稲田大学大学院 早稲田大学ビジネススクール教授)
・CiP協議会 理事長 中村伊知哉

○ゲストプロフィール


・平井 卓也氏(自民党衆議院議員)
自民党デジタル社会推進特別委員長

1958年香川県生まれ。上智大学外国語学部卒。電通、西日本放送社長を経て、2000年初当選。以来、連続7回当選。自民党政調副会長、国土交通副大臣、内閣常任委員長等を経て2018年に情報通信技術(IT)政策担当、内閣府特命担当大臣(科学技術・知的財産戦略・クールジャパン戦略・宇宙政策)に就任。令和元年10月自民党デジタル社会推進特別委員長に就任。

 

・岡村 秀樹氏
一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU) 代表理事
株式会社セガグループ 取締役会長
一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)前会長(現特別顧問)

セガサターン、ドリームキャスト事業担当を歴任、トムス・エンタテインメント代表取締役社長、セガ代表取締役社長兼COOを経て、株式会社セガグループ取締役会長に就任。また、CESA会長時には3つの既存eスポーツ団体の統合を主導し、JeSU設立に貢献、JeSU代表理事として日本におけるeスポーツの振興・発展に尽力している。

 

・市井 三衛氏
特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO)専務理事 事務局長

慶應義塾大学経済学部卒業。
米国ピッツバーグ大学経営大学院修士課(MBA)修了。
デール・カーネギー認定トレーナー。
東京貿易、クラフト・ジャパン、バクスター、ワーナーミュージック・ジャパン専務取締役兼CFOを経て、EMIミュージック・ジャパン代表取締役社長兼CEOに就任。日本レコード協会副会長を歴任。
2013年に映像産業振興機構ジャパン・コンテンツ海外展開事務局(J-LOP事務局) 事務局長に就任し、2017年6月から現職。

 

・稲蔭 正彦氏
慶應義塾大学メディアデザイン研究科委員長兼教授
シンガポールと横浜に拠点を有するKeio-NUS CUTE Centerの共同所長

コンテンツ、サービス、地域開発の分野で、プロデューサー、クリエイティブ・ディレクター、戦略コンサルタントとして活動。近未来社会を描くメソッド「ドリームドリブンデザイン」を提唱し、アート、デザイン、エンターメントに溢れるワクワクする近未来社会に向けたイノベーション創出を目指している。世界経済フォーラムExpert Networkメンバーなど、国内外の多数の委員会委員を歴任。米国(ハリウッド、シリコンバレー)、シンガポール、スウェーデンの企業や研究所の経営や運営にも参画。 

 

・根津 登志之氏
株式会社アルベログランデ 代表取締役

東京都立大学 法学部 卒
1995年 東急不動産株式会社 入社
2010年 同社 ビル事業本部ビル事業第一部 グループリーダー
オフィスビル開発事業に従事、
2012年 都市再生ステップアップ・プロジェクト(竹芝地区)に応募、選定
2017年 同社 都市事業本部ビル事業部 統括部長
  株式会社アルベログランデ 代表取締役
  一般社団法人竹芝エリアマネジメント 代表理事

○MCプロフィール
 

・入山 章栄氏
早稲田大学大学院 早稲田大学ビジネススクール教授

慶應義塾大学経済学部卒業、同大学院経済学研究科修士課程修了。
三菱総合研究所で、主に自動車メーカー・国内外政府機関への調査・コンサルティング業務に従事した後、
2008年に米ピッツバーグ大学経営大学院よりPh.D.を取得。
同年より米ニューヨーク州立大学バッファロー校ビジネススクール助教授。 2019年より現職。
著書に『ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学』(日経BP社) 、『世界標準の経営理論』(ダイヤモンド社)他
2019年より文化放送にてより良い未来の姿とイノベーションをテーマにした番組「浜松町Innovation Culture Cafe」のパーソナリティを務める。

 

・中村 伊知哉
一般社団法人CiP協議会 理事

1961年生まれ。京都大学経済学部卒。慶應義塾大学で博士号取得。
1984年、ロックバンド「少年ナイフ」のディレクターを経て郵政省入省。
通信・放送 融合政策、インターネット政策を政府で最初に担当するが、橋本行革で省庁再編に携わったのを最後に退官し渡米。
1998年 MITメディアラボ客員教授。2002年 スタンフォード日本センター研究所長。 2006年より慶應義塾大学教授。 内閣府知的財産戦略本部、文化審議会著作権分科会小委などの委員を務める。CiP協議会理事長、デジタルサイネージコンソーシアム理事長、超教育協会専務理事、NPO「CANVAS」副理事長、吉本興業ホールディングス社外取締役、理化学研究所AIPセンターコーディネーター、東京大学客員研究員などを兼務。iU学長就任。
著書に『超ヒマ社会をつくる』(ヨシモトブックス)、『コンテンツと国家戦略〜ソフトパワーと日本再興〜』(角川EPUB選書)など多数