会員向け湾岸活性化ウェビナーシリーズ第二回「湾岸エリアでの技術実証実験はどうしたら実現できるか」開催報告

CiP協議会で、会員向けに開催している湾岸エリア活性化をテーマとしたウェビナーシリーズの第二回「湾岸エリアでの技術実証実験はどうしたら実現できるか」を実施しました。

今回は空飛ぶクルマの開発、運用を目指す株式会社SkyDriveと自転車、キックボードのシェアリングサービスを提供する株式会社LUUPの2社に湾岸エリアでの実証実験アイデアを披露していただき、湾岸エリアの許認可を所管する東京都港湾局はじめ、臨海副都心、羽田、竹芝の3エリアの代表者を交えて提案を検討しました。
具体的な提案をいただいたことで課題や可能性がクリアになり、活発な議論となりました。

開催概要
・登壇者:
・タイトル:湾岸エリアでの技術実証実験はどうしたら実現できるか
・日時:3/23(火) 13:30〜15:00
・登壇者:
−株)SkyDrive 事業開発リーダー 羽賀雄介氏
−株)Luup 代表取締役社長 岡井大輝氏
−東京都 港湾局臨海開発部 臨海副都心開発調整担当課長 白井啓史氏
        同     開発調整担当課長 伊藤正則氏
−一社)東京臨海副都心まちづくり協議会事務局長 徳竹友子氏
−株)東京臨海ホールディングス グループ支援部 企画担当課長 大塚昌俊氏
−鹿島建設(株) 開発事業本部事業部 事業部長 加藤篤史氏
−一社)竹芝エリアマネジメント事務局長 田中敦典氏
−一社)CiP協議会理事長 中村伊知哉
−(モデレーター)一社)CiP協議会専務理事 菊池尚人

第三回は自動運転車をテーマに据えて準備中です。