CiP協議会

English

一般社団法人CiP協議会とは  ~「デジタル×コンテンツ」産業拠点形成の活動母体

東京都港区(竹芝地区)に「コンテンツ×デジタル」産業の拠点を形成する活動母体。

『コンテンツを核とした国際ビジネス拠点』を形成する都市開発計画において、研究開発・人材育成・起業支援・ビジネスマッチングを柱に活動。

2014年から準備会として活動し、2015年4月に一般社団法人CiP(Contents innovation Program)協議会(以下CiP協議会と表記)として設立。

概要

研究開発、人材育成、起業支援、ビジネスマッチング。技術を生み出し、人を育て、それを産業として押し出し、世界にビジネスを広げる。そこから生まれたテーマを研究する。そのサイクルをCiP協議会では描きたい。
研究開発、人材育成、起業支援、ビジネスマッチングの一気通貫サイクル。
しかし、CiP協議会が目指すものは、秩序だったクリーンな場ではなく、2020年以降のデジタル☓コンテンツ、その産業と、教育と、文化を生む、コンパクトなクラスター。東京湾を臨む海の玄関口であり、羽田と直結する空の出入口。海と空を活かして、特区を作って、技術とデザインの資源を集中投下したい。1.5haの都有地に39Fの業務棟を建て、ラボやスタジオなど8,000㎡の共同施設を設ける。周囲の場所も活かして、ビジネスの融合する地域を形成したい。
東京の各都市をつなぐハブになりたい。五輪に向けて進む各地の再開発では、みなデジタルがポイントになる。それをつなぎたい。札幌、京都、福岡、沖縄・・・この分野に力を入れる都市を連結したい。ボストンや西海岸の大学。ロンドンの研究所やパリのイベント。シンガポールのプロジェクト、ソウルのインキュベーション施設。全てつなぐ拠点になりたい。
著作権特区、電波特区、サイネージ特区、ロボット特区、超人スポーツ特区。これまでできなかったビジネスを起こす知恵も盛り込みたい。
大いなる挑戦です。

 

役員
理事長:中村伊知哉
監事:内山隆(青山学院大学 総合文化政策学部 教授)
参与:菊池尚人
石戸奈々子

 

◆理事長・監事/会員一覧(2017年4月現在、五十音順)     

【理事長】

理事長:中村 伊知哉(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 教授)

【会員】

◆理事会員

中村伊知哉(理事長)

株式会社AOI Pro.

アーティストコモンズ

IPDCフォーラム

株式会社アルベログランデ

株式会社NTTドコモ

株式会社エフエム東京

一般財団法人大川ドリーム基金

株式会社オクタゴン

グリー株式会社

慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科

株式会社スペースシャワーネットワーク

ソフトバンク株式会社

株式会社東急不動産R&Dセンター

一般社団法人日本音楽制作者連盟

一般社団法人日本動画協会

株式会社乃村工藝社

ビルボードジャパン

株式会社フォーカスシステムズ

マーザ・アニメーションプラネット株式会社

吉本興業株式会社

 

◆一般会員

株式会社アサツー ディ・ケイ

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO)

エヴィクサー株式会社

株式会社エルテス

一般社団法人共同通信社

KDDI株式会社

シスコシステムズ合同会社

新日鉄住金ソリューションズ株式会社

スキルアップ・ビデオテクノロジーズ株式会社

住友商事株式会社

株式会社ソニー・ミュージックコミュニケーションズ

第一生命保険株式会社

大日本印刷株式会社

学校法人中央情報学園

デジタルハリウッド株式会社

株式会社ディー・エヌ・エー

株式会社テレビ朝日ホールディングス

東京コンテンツプロデューサーズ・ラボ株式会社

株式会社東京放送ホールディングス

株式会社東芝

ネストビジュアル株式会社

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ

株式会社ヒップランドミュージックコーポレーション

株式会社フェイス

株式会社フジ・メディア・ホールディングス

株式会社文化放送キャリアパートナーズ

リード エグジビション ジャパン株式会社

レッドフォックス株式会社

ほか2社

 

◆賛助会員

13社・者

 

◆CiP協議会フェロー

CiP協議会は、準備会時代から現在にかけて「フェロー」と呼ばれる皆様にご協力いただきながら日々の活動を推進しています。

 

(順不同)
佐藤 充  様 / 日本工学院クリエイターズカレッジ カレッジ長 

谷脇 康彦 様 / 総務省 情報通信国際戦略局長
石倉 洋子 様 / 一橋大学 名誉教授 
山口 哲一 様 / START ME UP AWARDS 実行委員長
暦本 純一 様 / 東京大学 情報学環 教授
長井 延裕 様 / 株式会社海外需要開拓支援機構 投資連携・促進グループ 統括部長 

 

ciplogo
CiPロゴについて

デジタルコンテンツビジネスの集積地を目指すという意志をドットの集合で「CiP」を表現することによりあらわしています。
また、「うみ」と「そら」の玄関口であることを2色の青色で表現しています。
中央の橋は、竹芝から臨むレインボーブリッジをあらわすだけでなく、CiPの果たす「橋渡し」としての役割を象徴しています。

CiPロゴは、「うみ」と「そら」の玄関口である竹芝において、産と官と学、国内と海外、ハードとソフト、あらゆるものの「橋渡し」となり、デジタルコンテンツビジネスの集積地を目指す意志を表現したものとなっています。